freeeの初期設定は認定アドバイザーの手を借りて

クラウド会計ソフトを使いたいクライアント

こんにちは。

先日、週刊エコノミストという雑誌で、
「AIに負けない!凄い税理士・会計士~クラウド会計ソフトが大旋風 AI取り込みが死命を制す」という特集をやっていました。

税理士とか会計士とかが興味を持つ記事なので、あまり一般の方には縁のない特集ですが、私も本屋さんでちょっとだけ立ち読みしました。

従来の会計ソフトではなく、AIを利用したクラウド会計ソフトが勢力を増してきている今の時代で、税理士や会計士はどうなっていくのかというような記事です。当り前のことが書いてあるだけなので、それほど新しい内容ではないかと思うのですが、クラウド会計の勢いが留まることを知らないというような世の中の流れだけは、意識せざるを得ません。

実際にクライアントのほうから「クラウド会計を使って経理したい」というようなお話しをいただくことが多いです。特に若い方は新しいことを取り入れることに積極的です。

これだけインターネットが盛んであるにも関わらず、それを利用しない手はありませんし、経理などの業務に時間を割いていては本業に注力する時間が減ってしまいます。
税理士に経理を丸投げするという手もありますが、自分でやれるとこはやって、時間もお金も節約というのが賢い生き方のように思えます。
そこでクラウド会計の登場なのです。

クラウド会計ソフトが世の中の主流となる日は近いでしょう。

AIを使っているからといって簡単とはいえない

クラウド会計ソフト。

確かに便利ですし、経理が楽になれます。

ただし、きちんと使えるようになればの話です。

おそらく初期設定の段階で、つまずいてしまう人もいるでしょう。
きちんと仕組みを理解して使わないと、便利さを実感できない場合もあるでしょう。
素晴らしい機能を使いこなせていない人も多いかもしれません。
AIが入っているからといって、ボタンひとつで全自動というわけではないのです。

最初は専門家の手を借りることも考えて

最近、クライアントになった方がクラウド会計を使いたいといったので、freeeをおススメしました。一般社団法人の代表をされていて、経理もその方がやるとのことです。
私が初期設定をして(勘定科目の設定など)、クライアントの方には、銀行口座の設定などをお願いしました。そして、少し使い方のレクチャーをしたところ、あっさりと使いこなすことができています。

その方は、もともとMF(マネーフォワード)を個人事業の経理で使っていて、クラウド会計ソフトを使うことには抵抗感はないそうですし、複式簿記も基本は理解されています。

その方曰く、「初期設定をやっていただいたので、無茶苦茶簡単です!消込とかも自動でやってくれる機能がついているので、MFよりも使いやすいかも。複式簿記の仕訳も確認できるので何の問題もないです。」とのことでした。

MFのほうもおそらく簡単にできる機能はあるはずなのですが、私が初期設定をしてレクチャーした効果があるのか、簡単に使いこなせているようです。よかったです。

freeeとMFどちらを使っても不便はないはず。どちらも日々進化を続けていますし、もっともっと使いやすくなっていくでしょう。

ただ、それなりに機能は複雑なのです。
その機能を理解している専門家の手を借りると、使いやすさを実感できるはずです。

税理士との顧問契約が必ずしも必要ではないと思っている方も多いでしょう。
初期設定だけに対応してくれる専門家もいるはずです(私も今のところfreeeの対応だけですがやっています)。

専門家の方とコンタクトを取るのは意外に壁があるとは思うのですが、最初の難しいところだけ人の手を借りてみるのもいいかもしれません。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする