SNSとの付き合い方| 自分の中で線を引き、相手にそれを伝える

いろんなSNSがあるけるど、最近逃れられないのはLINE

こんにちは。

スマホ時代になってから、自分の身近に常にSNSがあるように思います。

「mixi疲れ」という言葉がありましたが、あの頃はまだスマホはそれほど普及しておらず、mixiはPCでやるものだったかと思います。

にも関わらず、疲れを感じて離れて行ってしまった人が多数いました。

mixiは匿名でできたことと、趣味のグループがいろいろあって面白かったんですけどね。

SNSというと、facebook、twitter、LINE、Instagramなどが主流なのでしょうか?

facebookは最近は下火で、書き込みをする人の数が激減しているようですね。
これは一部の「意識高い系」「リア充」の人がやるというイメージで、私は敬遠していました(今はアカウント自体削除してしまいました)。

twitterは、軽いつぶやきですので、あまり深く考えずにやる感じですかね。
あまり友人とのやりとりに使うものではないので、つかず離れずといった使い方がいいのでしょうね。

Instagramは最近大盛況ですね。
私はアプリは入れていますが、まだやっていません。
スマホで撮った写真をアップしても、あまり面白くない気がしてしまうのです。
(一眼で撮った写真をPCからアップするのは難しいようです)

最近になって、一番逃れられないと感じているのが、LINEです。
今まではごく一部の友人とだけやっていました。
セキュリティを万全に設定し、もちろんアドレス帳などから勝手につながったりしないように設定していました。

けれど、ママ友界隈や昔の友人などとのつながりで、LINEのIDを教え合うことは、もはや常識になってきてしまっています。

今や携帯メールなどは使わず、LINEのグループなどでやりとりをするのが主流となっています。
まあ、格安SIMに乗り換えを画策していますので、いまさら携帯メールを教えてくださいと言われても困ってしまうのですが。

LINEのグループトーク

あまり社交的なほうではないですが、生きていると、そして子供がいたりすると、必然的にいろいろな付き合いが生まれます。

仕事のつながり、子供の学校関係のつながり、卒園した保育園のつながり、友人のつながり。

それぞれに、「グループトーク」をしようという話になってきます。

いったんグループに登録すると、その直後から凄まじいコメントの嵐が発生するのです。
誰かが一言コメントを書き込むと、次から次へとそのコメントへの賛同の嵐が吹き荒れます!
プッシュ通知にしていると、スマホが鳴りっぱなしになるのでやめています。
ふと気が付くと、コメントが100件あったなんてこともあります。

おばさんはついていけませんよ~。

そして、「ついていけないから静観」していると、「既読スルーする奴」というレッテルが待っているのです。ノリが悪い奴、常識のない奴、ということになるのです。

先日も、とある集まりに行ったら、「LINEに何も書かないから心配してた、どうかしたの?」って言われてしまいました。
生存を危ぶまれていたのでしょうか?
LINEが苦手な人がいるってことに、気が付かないのでしょうね。

そのグループが子供関係だったりすると、妙に頑張らなくてはいけないという気持ちになってきてしまい、正直疲れてしまうのです。

リアルな働きかけが必要

LINEが苦手な人、いちいちコメントするのが面倒くさい、時間がないという人はいっぱいいると思います。

ノリが悪いと思われてもいいのですが、子供関係だと、子供に友達ができないという危険もでてきます。

LINEのID自体を削除して退会するという方法もあります。

でもそれではやはり人間関係にシコリは残りそうですよね。

結局のところ、リアルな関係を築き、リアルに働きかけをするしかないと思うのです。
きちんと普段から人間関係を持ち、信頼関係を築く。
会って話をして、人となりを知ってもらう。
その上で、LINEが苦手なので、あまりコメントすることができないことをわかってもらう。

それしかないのだと思います。

いろんな人がいていいのですから。

LINEを初めとしたSNSは便利な機能がいっぱいあります。
古い友人と久しぶりに繋がることができたり、ちょっとした連絡手段としても便利です。
災害のときに使えるかもしれません。

うまく付き合うために、自分なりに考えて自分の許容範囲の線を引き、それをうまく相手に伝えるということが大事なのでしょうね。

ではまた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする