X100tいままでありがとう

もうすぐX100fが発売に・・・

こんにちは。

現在愛用しているカメラの中に、fujifilmのX100tというカメラがあるのですが、もうすぐ新しいバージョンのものが発売になります。

X100tは本当に素晴らしいカメラです。

コンパクトカメラというジャンルにも入りきらない、一眼カメラというジャンルでも語れない特別なカメラなのです。

レンズは固定式で交換はできません(35mm換算で35mmのレンズです。開放はf2.0)。

このカメラの良さは、なかなか人にはわかってもらえないのですが、その紡ぎだす画を見れば納得できるものがあるのです。いかにも一眼レフです!ってドヤ顔していないところも魅力です。小さくて美しい外観。さりげない存在感。にもかかわらず、実力はかなりのものなのです。

X100Tインプレッション| さりげなく使えると思ったカメラだけどなかなか手ごわい本格派
持ち歩きが簡単にできて威圧感のないカメラ こんにちは。 ここ最近、カメラが趣味となっておりまして、暇さえあればカメラの研究をしていま...

新しく発売になるX100fを買うか買わないかで、すごく迷いました。
悩みましたが、やはり購入しようと思います。
まんまと富士フィルムの戦略に乗せられています。。。

進化を続けるXシリーズ

現在、我が家にはfujifilmのXT-2という昨年発売されたカメラがあります。
今までのXT-1に比べて格段に進化しています(X1ootはXT-1と同じ時代のもの)。
そのちょっと前に発売されたX-Pro2というカメラもやはり大きな進化を遂げているという話を聞きます(X-pro1とX-T1とX100tは同じセンサーなどを使用している)。

つい最近、X100tを一日持ち出して使いました。
そして次の日にXT-2を持ち出し使いました。

もちろんレンズの焦点距離などの条件は違いますが、明らかにXT-2で撮ったもののほうがいいのです。撮る腕のよし悪しはあるでしょう。うまい人が撮れば何のカメラを使っても問題ないかもしれません。
そうはいっても明らかに画質が良くなっているのです。

FujifilmのXT-2を使ってみた感想
XT-1からXT-2への乗り換え こんにちは。 我が家では、以前からfujifilmのXT-1を使っていました。 センサーサイズは...

そこで、どうしてもX100fを使って撮ってみたいと思ってしまったのです。

X100シリーズはX100tで三代目、X100fで四代目です。
同じシリーズでありながら、中身は全然違っているようです。
X100fはレンズ固定式のX-pro2という呼び声が高いのです。

普段使いの気取らないカメラ。
こういうものは、いつでも満足いくいいものを使いたいと思いますよね。

マップカメラの下取り

本当に名残惜しいのですが、X100tとはお別れします。

さっそくマップカメラのサイトで、買取の申し込みをします。
ワンプライス価格の買取で69,000円ということです(2017年2月3日現在)。
少しカメラの外観に傷をつけてしまったので、この価格で買い取ってもらえるかはわかりませんが、品質的には問題ありません。

この下取り価格は、X100fの発売と同時に下がるらしいので、発売日よりも前に売ることにしました。

買い取ってもらった金額をポイントにして受け取ると、買取金額が10%アップするらしいので、ポイントで受取ることにします。
買取価格が確定したら、マップカメラのサイトでX100fを予約することにしました。

仕事が忙しいから、X100fの購入はもう少し後で考えようと思っていたのですが、やはり誘惑に負けてしまいました。早く手元に来ないかな~。
それを楽しみに仕事頑張ります。

ではまた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする